どんなごはんをあげたらいいの?

仔犬にいい環境 生後間もない仔犬たちは、まだ内蔵の働きが完璧ではありません。人間の赤ちゃんと同じですね。
なのでどんな高級なドッグフードであっても、はじめて口にする場合、消化不良を起こしたり、吐いたりすることがありますので、決められたごはんの量をきちんと守って与える必要があります。おうちに来る前ごはんは何を食べていたのかを聞きそれを与えるとよいでしょう。
特に離乳期に入ったばかりの仔犬は、ドッグフードに慣れていないため、固形のドッグフードより、食べやすい離乳用ミルクやお水を先に選んでしまいます。フードをしっかり食べさせるためにも、順番を守って与えて元気に育てましょう。
 

仔犬は1回にたくさんの量のフードを食べることができないため、少量をできれば1日3〜4回に分けて与えてください。また、一概にこの犬種だから、この年齢だからというようなことでは決められません。 それぞれ個体差があることも忘れないで下さい。

生後2〜3ヶ月

主食はドライタイプのドッグフード(以下、ドライフード)です。栄養の補完やおかずとして仔犬用のサプリメントやウェットタイプのドッグフード(以下、ウェットフード)を混ぜて作ります。固形のドライフードは食べやすさと消化を考え、お湯でふやかしてから与えましょう。
また、3回目のワクチンが終わるまでには、ドライフードをかりかりのままふやかさずに与えて下さい。いつまでもやわらかい物を食べていると。顎の発達、乳歯の抜け方などに影響が出てしまいます。
※ドライフードは、柔らかすぎてもかたすぎても消化不良を起こす場合があるので注意しましょう。


生後4ヶ月〜

わんちゃんが成長していく過程や、個体差などにより与えるフードの種類や与え方が変わってきます。


 
お水も忘れずに与えましょう
ドッグフードを与えた後は、必ず新鮮なお水をあげてください。
むやみに置いてしまうと、気づかず踏みつけてこぼすことがありますので仔犬の口元に給水機の口を近づけ、お水を飲ませてあげるとよいでしょう。
注意