知っていた方がいいルール

犬01 仔犬は人間であらわすと赤ちゃんなのです。
ブリーダーさんからお家にわんちゃんが来てから、疲れやストレスがを過剰に与えないように新しい環境に慣れるまで必要以上に遊んだり、かまったりしように接してあげて下さい。










ルール1 よく寝かせる

犬02 おうちにやってきたわんちゃんが寝てばかりいて心配になりますよね?
でも、健康な仔犬は普通15〜20時間くらい寝るものなんです。
人間の赤ちゃんも寝る時間はとても多いですよね?
産まれて2〜3ヶ月の仔犬は人間の赤ちゃんの乳幼児にあたります。
特に環境が変わって、不安やストレスを抱えているのでよ〜く寝かせてあげることが大切なので余り心配しないで寝かせてあげて下さい。

ルール2 遊ばせすぎない

犬03 仔犬におこるアクシデントのほとんどは、環境の変化に慣れることが出来てないうちに遊ばせすぎたり、触れすぎたりしてわんちゃんが疲れてしまうことが原因なことが多いのです。
これから長い間一緒に暮らしていくのですからゆっくりと付き合っていきましょう。最初から無理をさせて体調を崩してしまうとわんちゃん自身が苦しい思いをしてしまうので注意してください。特に好奇心旺盛な仔犬は、人の注意をひきたがって体力の限界を超えて遊んでしまうことが多いです。飼い主が気をつけてあげないと、疲労から体力が低下し、元気な時ならはね返せる病気も、はね返せなくなってしまいます。

よって、おうちにわんちゃんが来てもすぐには遊ばせないで2〜3日の間は仔犬専用のお部屋の中で少しずつ環境に慣れさせましょう。仔犬が落ちつきかつ元気や食欲があり、便の状態にも問題がないようでしたら、はじめは30分以内で様子をみながらちょっとづつ遊んでみて下さい。

遊んだあとは元気があっても必ず休憩をさせてください。この繰り返しをわんちゃんの体調を見ながら1日の中で何回か実行してみてください。また、日が経つにつれて、徐々に遊ぶ時間を延ばしていきますが、とくに小さなお子様のいるおうちでは、必ずお父さんかお母さんが一緒にいる時に遊ぶようにしましょう。

ルール3 外出もシャンプーもワクチンが終了後まで避ける

犬04 色々な病気から身を守るために、仔犬は母犬から免疫を受け継ぎますが、生後2〜3ヶ月を過ぎる頃からその免疫効果も徐々に薄れていきます。その代わりとして少なくとも3回のワクチン接種を行い、病気に対する抵抗力をつけることが必要となります。

ワクチンが完了する前に、むやみに外出することや、他の犬と遊ばせることは、さまざまな病原菌にわざと近づけるようなもの。ワクチンが終わる生後3〜4ヶ月くらいまでは、まだ犬の社会化(社会に適応する力を養うこと)にとって一番大事な時期ですから、おうちでできる社会化を実行していきましょう。

仔犬の時は風邪をひきやすく、体力を消耗しやすいのでシャンプーも避けるようにしましょう。足や口のまわりが汚れたり、臭いが気になる場合は、仔犬専用のムースシャンプーなどで汚れた部分をお手入れしてあげましょう。