しつけについて

トイレのしつけ
仔犬にいい環境 わんちゃんと楽しく暮らしていくためには、トイレのしつけはとくに大切です。
ねこちゃんと違って、わんちゃんはトイレを自分から覚えることはしません。
おうちで、きちんとしたトイレ教育を行いましょう。
赤ちゃんの頃から使い慣れていたトイレシートを使うことも有効です。



 
トイレトレーは必ずわんちゃんのからだの大きさに合うものにしましょう。
トイレが小さいとからだがはみ出してしまい、自分ではトイレの上でしているつもりでも、実際はできていないことになってしまいます。
そして、トイレと間違えやすい物も入れないようにしましょう。
あとは、成功した際、どれだけわんちゃんをほめられるかが重要なポイントになります。
 
 
家の中でトイレの場所を決めたら、サークル内で使っていた物と同じトイレを使って、失敗をさせないように、飼い主様が見ていられる時だけ、わんちゃん専用のお部屋から出して上げましょう。失敗のほとんどは飼い主様が見ていない時に起こるものです。仔犬が排泄するタイミングは大きくわけて次の3つがあります。
 
わんちゃんが臭いを嗅ぎ回ったりうろうろし始めたりした時は、排泄のサイン。
すかさずトイレに行き、うまくトイレができたらオーバーなほど褒めてあげましょう。
トイレを失敗してしまったときのしつけ方は?
まずは絶対に怒らないことです。怒ってもわんちゃんたちには伝わりません。
わんちゃんは飼い主様が遊んでくれるものだと思ってしまう可能性があります。
逆に怖くなってしまい、飼い主様の前では排泄しないようになってしまうと、トレーニングができなくなってしまいます。とにかく、失敗してもあわてず騒がず静香に片付けること。そしてわんちゃんがどこで排泄するとうれしくてどこで排泄すると悲しいのかをわかりやすく伝えるようにしてあげてください。人間のあかちゃんと一緒で、どこに排泄すればよいのかがわからないのですから、飼い主様自身が失敗をさせない努力をしてあげる必要があります。また、トイレのしつけ剤などを使ってトレーニングするのも効果的な方法です。
トイレのしつけは何よりも愛情と忍耐が必要なことを覚えておいてください。
 
仔犬の時からわんちゃんを自由にさせてしまうと、成犬になってからが大変なのです。
ご家族はもちろん、まわりにまで迷惑をかけてしまう場合が数多くあります。
世の中にはわんちゃんのことが余り好きではない人もいます。
また、住宅事情次第では、ちょっと吠えただけでも近所迷惑と言われてしまうかもしれません。
あなたにも、ご近所の方かたがたにも愛されるようなわんちゃんになってもらうには、しつけはとても大切なことです。今後、わんちゃんの数が増えていけば、必然的に法律なども厳しくなることでしょう。
しつけは毎日一緒に暮らすあなたとご家族しかできません。そして、1日や2日ではよい子にならないことも忘れないで下さい。
 
見過ごしてはいけないチェックポイント