ワクチンと仔犬をとりまく病気について

免疫とワクチンの話
仔犬にいい環境 仔犬の病気には、感染したら命に関わる怖い伝染病もあります。これらの病気にかかる前に、ワクチン接種で仔犬のカラダの中に抵抗力(抗体)をつけておくのがワクチンの目的です。
仔犬は母親から主に初乳を介して、母親のもつ免疫を譲り受けます。これを移行抗体と呼び、この免疫が有効な期間はおよそ生後45日〜90日くらいまでで、徐々に効果がなくなります。一生続く免疫ではないため、この抗体効力の切れる時期が、病気に対する抵抗力が失われる大変危険な時期といえます。これを防ぐのが1回目のワクチン接種です。
しかし母犬譲りの免疫が少しでも残っていると、せっかくのワクチン接種も十分な効果が得られないので、より確実に免疫を作るため、その後3〜4週間置いた後、追加で1〜2回の接種が必要なのです。
ワクチンによる免疫も約1年しか効果がないため、毎年継続してワクチン接種を受けさせてあげる必要があります。

ワクチンが効かない”フェラリア”にも注意しましょう!

フェラリアは、心臓や肺動脈にそうめん状の寄生虫が宿る病気で、1度かかってしまうと治療の難しい恐ろしい病気です。通常5月〜11月までの間、月に1度予防薬投与をしっかり行えば予防できる病気です。

狂犬病の予防注射も忘れずに

狂犬病の予防接種は、法律ですべてのわんちゃんの飼い主様に義務付けられています。
生後3ヶ月(91日)以降、1年に1回、きちんと接種するようにしましょう。
ワクチン接種(3回目)前にしてはいけないこと


お店にいるわんちゃんが他のわんちゃんなどと一緒にいることがありますが、適切な管理の中でわんちゃんの社会化などのために行っていますので、おうちに帰ってからは、他のわんちゃんと遊ばせるのは避けましょう。
病院へは必ずキャリーバッグに入れて行きましょう!
まだ適正な回数のワクチン接種を完了していない仔犬にとって、はじめての外出となるのがワクチン接種の日です。
病原菌を仔犬に近づけないよう、病院に行く時は抱っこして連れて行くのではなく、必ずキャリーバッグに入れるようにしましょう。
 
中・大型犬に見られる骨の病気
股関節形成不全
小型犬に見られる骨の病気
股関節形成不全
男の子に見られる病気
股関節形成不全
 
 
 
寄生虫には右記のようなものがあり、母犬のお腹の中やお乳を通じて感染する場合もあります。仔犬はまだ未熟であるため、完全に排除することが難しく、お腹の調子が悪いなどの消化器管のよくない症状が出る場合があります。
また、成長による毛の抜け変わりや、栄養状態によっても変化しますが、強いかゆみや湿疹などの異常がある場合は、動物病院で必要に応じた処置を受けてください。
消化器官
回虫、鉤虫、鞭虫、条虫、フンセン虫、コクシジウム

皮膚に寄生する寄生虫
ダニ類(耳ダニなど)、カビ類、ノミ